なぜハゲるのか?禿る理由を分析

ハゲ・薄毛対策

薄毛に悩んでいませんか?

  • 髪の毛1本1本が細くなってきた
  • 生え際が後退、M字おでこになってきた
  • お風呂で抜け毛が増えて排水溝が汚い
  • 朝起きると枕の抜け毛がすごい

などなど、悩みを抱えている方も多いと思います。

それぞれの症状が起きることから目を反らせていませんか?

季節や生活環境のせいにして、すぐに生えてくるだろうなんて言い聞かせていませんか?

髪の毛が薄くなる原因として最も有力視されているのは、「ストレス」「頭皮環境の悪化」です。

 

この記事では、そんな髪の毛の悩みを抱いている男性向けに、

  1. 詳しい薄毛の原因
  2. 効果を期待できるような具体的な薄毛対策方法
  3. 薄毛にならないための予防方法

などをご紹介していきます。

今すぐできる対策方法も多数解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

薄毛が生じる仕組みとは?

主な薄毛の症状

  • 脂漏性脱毛症
  • 血行不良性による脱毛症
  • AGA(男性型脱毛症)

などがあります。

 

これらの症状から髪の毛が薄くなる原因は一つとは限りません。

それぞれについて原因を分かりやすく説明していきます。

脂漏性脱毛症

「脂漏性脱毛症」の場合は、主に食生活が関係しています。

油脂の多い食事をしすぎると、頭皮に皮脂が過剰に分泌され、頭皮の毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。

結果として、頭皮トラブルが起きて抜け毛が増え、薄毛につながります。

血行不良性による脱毛症

「血行不良性による脱毛症」の場合は、様々なストレスによって自律神経が乱れて血行が悪くなることが原因です。

全身の血行不良により、頭皮に栄養が行き渡らなくなることが原因です。

 

「脂漏性脱毛症」と、「血行不良性による脱毛症」は、生活習慣を改善することで症状を改善することもできる場合があります。

食事生活や軽い運動、睡眠などに注意しましょう。

AGA(男性型脱毛症)

「AGA(男性型脱毛症)」の場合は、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンが原因と言われています。

また、AGAによる薄毛は遺伝の影響があるとも考えられています。

病院に行くことで、AGA治療薬などで対策できます。

ヘアサイクルの乱れによる薄毛

私たちの髪の毛はヘアサイクルという髪の毛の成長サイクルに基づいて、新しい毛が生えて成長したり古い毛が抜けたりしています。

髪の毛1本1本がそれぞれヘアサイクルを元に成長と退行を繰り返しています。

ヘアサイクルは具体的には上記のような図になります。

その中で

  • 2~6年の成長期
  • 約2週間の退行期
  • 3~4ヵ月の休止期

という3つのサイクルを繰り返しています。

成長期

髪の毛が太く強く成長していきます。

退行期

髪の毛の成長が停滞します。

休止期

古くなった毛が新しい毛に押し出されるようにして抜けていきます。

1日あたり、なんと50~100本ほどの毛が抜けていきます。

一ヶ月で1500本は抜けると思って良いでしょう。

 

このサイクルを繰り返して髪の毛が成長していくのです。

ここが大事!

健康的な髪の毛は先ほどご紹介した期間通りにサイクルを繰り返していきます。

しかし、ヘアサイクルが乱れてしまうと

  • 成長期の期間が短くなる
  • 休止期の期間が長くなる

その結果、髪の毛が成長する前に、ヒョロヒョロの状態で抜け落ちてしまいます。

この症状が悪化してしまうと、頭髪が薄くなっていくのです。

 

なぜヘアサイクルが乱れるのか?

ヘアサイクルが乱れる原因を解説します。

ヘアサイクルが乱れる主な原因は、男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が作用していると言われております。

DHTはテストステロン(男性ホルモン)と、5αリダクターゼ(酵素)が結びつくことで生成されます。

別名「悪玉男性ホルモン」です。

このDHTの働きが強くなってしまうと、ヘアサイクルの成長期が短縮されて休止期が延長してしまいます。

結果、ヒョロヒョロした細い毛が増えていき、さらに薄毛や抜け毛が目立つようになっていきます。

遺伝も薄毛の原因に

薄毛の症状は遺伝すると言われます。

実際に遺伝の影響はあると考えられています。

なぜなら、先ほどご紹介したDHTの生成に関わっている「5αリダクターゼ」の量が、遺伝の影響を受けている為です。

そのため、遺伝が関係ないと思っていた方も安心してはいられないのです。

それ以外の薄毛の原因

睡眠不足

髪の毛は寝ている間に昼間に受けたダメージを回復しています。

理由は、細胞分裂によって髪の毛が生成されるからです。

しかし、回復するための睡眠時間が短いと、髪の毛のダメージが蓄積されて更に大きなダメージを負うことになります。

ダメージが蓄積されると髪の毛は細くなったり、弱々しくなったりします。

これが、抜け毛が増える原因につながります。

そのため、俗にいう夜22時~深夜2時のゴールデンタイムは眠ることができるようにしておきましょう。

寝る前のスマホは寝つきが悪くなるのでできるだけ避けましょう。

ストレスのため込み

精神的なストレスをため込むことも、薄毛の原因になる可能性があると言えます。

ストレスは自律神経のバランスを乱します。

自律神経が乱れると血行が悪くなるため、当然血管を通じて栄養を受け取っている髪の毛に負担がかかります。

 

血液の流れが滞ってしまうと、頭皮はじめ髪の毛に必要な栄養が届かなくなります。

その結果、抜け毛が増えたり、薄毛が進行したりしてしまいます。

対策としては、ストレスを発散することを見つけて、定期的に実行しましょう。

喫煙(受動喫煙も含む)

喫煙は血行不良の原因になりまうす。

薄毛対策をするためには、たばこは控えましょう。

また、吸わなくてもパチンコや雀荘などのたばこの煙が充満しているところは極力避けましょう。

血行不良から頭皮や髪の毛に栄養が渡らなくなるため、たばこを吸う方は禁煙しましょう。

※世代別原因と解消法ページへリンク

※解消商品紹介ランキング紹介リンク