ラグビーワールドカップ2019【プールA特集】予想順位番付とその理由!!

プールA

ラグビーワールドカップ2019日本大会は、2019年9月20日に開幕します。

予選を行ない、各プールの上位2チームが決勝トーナメントに進出することになります。

プールAの出場国は、日本、アイルランド、スコットランド、サモア、ロシアとなります。

プールA予想順位

あくまでも個人的な予想にはなります。

妥当に行くと順位は・・・

1位:アイルランド
2位:スコットランド
3位:日本
4位:サモア
5位:ロシア

になるのではないかと思われます。


2019年 6月のラグビー世界ランキング最新版での順位は、3位アイルランド、7位スコットランド、11位日本、17位サモア、20位ロシアとなっており、そのまま順当に力の差がでるのではないでしょうか。

プールA 各国の評価は?

気になる5チームの状況はと、日本はその中でどういった立ち位置なのか・・・。

プールA 1位予想 アイルランド

注目は何といってもアイルランドとなります。

総合力が高く、ニュージーランド、ウェールズに次いで世界ランキング3位となります。

このプールの力関係を見ると、現在のチーム状況と地力でアイルランドはスコットランドに優るので、1位突破は堅いのではないかと思われます。


ヨーロッパの6カ国対抗戦の国際ラグビー大会であるシックス・ネイションズでは、2018年にイングランド、ウェールズ、スコットランド、フランス、イタリアを破り全勝優勝を達成しました。

2019年2月に行なわれたシックス・ネイションズでは、強豪のイングランドにも勝っています。

伝統的な体格を生かしたフォワードの強さが特徴となります。

特に注目する選手としては、2018年のワールドラグビーの年間世界最優秀選手に選ばれたジョナサン・セクストン選手です。


アイルランドの絶対的な司令塔です。

ただ、5月後半にチームにとって大打撃となるオブライエン選手が負傷で参加絶望的という情報も入っております。

優勝を狙うチームにとって大きな痛手であることは間違いないです。

プールA 2位予想 スコットランド

次に注目されているのがスコットランドです。

2019年のシックス・ネイションズではフランスに次ぎ5位となりましたが、アイルランドにも勝っています。

イングランド戦では31-7と一方的な展開で負けていたにも関わらず、最終的には38-38の同点に追いつく後半の粘り強さが注目されました。

前回大会となるワールドカップ2015年大会では、日本はスコットランドに負けています。

アイルランドには若干劣るものの、日本よりは確実に格上の相手となります。

また、ライオンズ最年少選手で攻守に渡り安定感抜群のスチュアートホッグ選手は注目です!!

動きが半端ないです!

また、スコットランド代表キャプテン、グレッグ・レイドロー選手はスコットランド不動のスクラムハーフとして活躍するでしょう。

前回大会でベストフィフティーンにも選ばれておりますし、プレーだけでなく甘いマスクでも人気があり、ラグビーイケメン選手代表の一人です!

プールA 3位予想 日本

日本は自国開催のためホームの地の利が働けば、決勝トーナメントに進出するチャンスもあるのではないかと思われます。

ベスト8に進出するには、4勝もしくは3勝することが必要となります。

そのため、アイルランドに負けたとしても、サモアとロシアに勝ったうえでスコットランドにも勝つ必要があると言えます。

ベスト8進出の条件として、この2チームと争い、上位2チームに入る必要があるので、上位とみられるアイルランドかスコットランドのどちらかを倒す必要があると言えます。

この4年間でスコットランドに確実に勝てる力をつけたかどうかが、ベスト8進出の鍵となります。

また、サモア戦できっちり勝ち点をとることもキーポイントとなります。

前回大会では26-5と勝利してはいますが、歴史的にアイランダーを苦手としてきています。

そして、日本の注目選手にはやはり五郎丸歩選手。


スーツ姿もカッコいい!

「日本が優勝します!!」と本気で宣言してます1

前回大会の南アフリカを撃破したように、今回大会も番狂わせを起こしてほしいです。

プールA 4位予想 サモア

サモアは、現時点の世界ランキングでは日本の下位となります。

しかし、フィジーやトンガと並び、アイランダーの国として伝統的にラグビーが盛んな国です。

8大会連続8度目の出場で、日本にとっても侮れない相手となります。

南半球にはアイランダーと呼ばれる環太平洋諸国が存在します。

同じアイランダーの国としてフィジーやトンガと比べると劣るものの、身体の強さを活かして豪快に戦うプレースタイルは驚異となります。


ワールドカップ2019日本大会のオセアニア予選では最下位となり、プレーオフによって本大会への出場を果たしました。

サモアは伝統的にロシアよりもチームがしっかりしているので、日本と同じく3位から4位あたりを争うことになりそうです。

ウィークポイントとしては、近年、ラグビー協会が破産したことを明らかにするなどのニュースにより国内状況が不安定な状態でもありました。

テストマッチやスーパーラグビーなどビッグゲームが開催されることは少なく、そういったことが結果に影響しないとも言い切れません。

サモアには相手のタックルを寄せ付けないほど屈強な肉体を持ったアレサナ・トゥイランギ選手がいます。

プールA 5位予想 ロシア

ロシアは2度目の出場となります。

歴史は浅いですが、格闘技大国として知られるジョージアと同じように大きな体格を生かしたフォワードの突進力が特徴です。

日本にとっては初戦の相手で、落とせない大事な試合となります。

ロシアはまだチームとしての成熟度が若いので、組織力という面で隙があるかもしれません。

そういった理由から、このグループでは下位になってしまうのではないかと思われます。

ラグビーワールドカップ2019【プールA特集】予想順位番付まとめ

プールAには日本がいるから、というわけではありませんが、非常に楽しみな組み合わせです。

あくまでも個人的な予想にはなりましたが、実際は世界ランキング通りの順位にはならないだろうと思います。

日本は開催国という強みを最大限に生かし、是非ともプールAを通過して決勝トーナメントに駒を進めてもらいたいですね。