20代ハゲ・薄毛予防・対策!若禿にならないために。

ハゲ・薄毛対策

20代でも毛髪が薄い方はたくさんいます。

将来的にハゲや薄毛で悩みたくない方、まだ20代なのに薄毛で悩んでいる方にとっておきの情報があります。

すでに薄毛の症状が進行していても、早めに対策を行なうことで薄毛を改善できる可能性は高いんです。

しかし、なにも対策を行なわなければ、薄毛の症状は悪化していく一方です。

薄毛で悩みたくない男性は、現在の頭髪の状況関係なく対策を行なうことをおススメします。

この記事では、具体的にどのような対策が必要になるのかを解説していきます。

20代の脱毛症の種類と原因

若ハゲ・薄毛になりたくないという方は、まずは薄毛の種類を確認して、自分が今どの状態に近いのかを知りましょう。

代表的な薄毛の種類を確認。

AGA

男性の薄毛の大半の割合を占めるのがAGA(男性型脱毛症)です。

DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンがヘアサイクルを乱すことによって、抜け毛が増え薄毛の症状が進行していきます。

また、AGAの女性版にFAGAがあります。

女性型脱毛症と呼ばれており、AGAと同じような仕組みで薄毛が引き起こります。

脂漏性脱毛症

頭皮に皮脂が過剰に分泌されることが原因の脱毛症です。

特に、食生活の乱れが影響します。

頭皮がベタベタして皮脂が過剰分泌された状態です。

頭皮に皮脂が必要以上に分泌されてしまうと、毛穴に皮脂が詰まります。

そこから、かゆみや炎症などの頭皮トラブルが起き、髪の毛が抜けやすくなります。

円形脱毛症

俗にいう10円ハゲです。

円形脱毛症の多くは、ストレスが原因だと考えられています。

ストレスをため込まずに、定期的にストレスを発散するようにしましょう。

ストレスは髪の毛だけではなく、心身ともに健康的に良くないので軽く見ないようにしましょう。

牽引性脱毛症

ロン毛を縛るなど、髪の毛を引っ張るような髪型をすると毛根に負担がかかって、徐々に弱々しい髪の毛になっていきます。

女性に多い脱毛症なので、抜け毛が多い女性は、頭皮に負担がかかるきっちり縛ったポニーテールなどの髪型は控えると良いです。

また、髪の毛を長く伸ばすことも頭皮に負担となりますし、引っかかって抜けることも増えます。

20代におすすめの薄毛予防・対策方法

 

薄毛に悩みたくない方には、まずは手軽な方法として、生活習慣の改善をおすすめします。

生活習慣の乱れから、ハゲや薄毛になっていく人は実は多いんです。

生活習慣が乱れると、DHT(ジヒドロテストステロン)の増加を引き起こします。

DHTは薄毛を引き起こす男性ホルモンの一つで、ヘアサイクルを乱します。

これによりハゲ・薄毛の症状を悪化させてしまいます。

では、DHTの増加や薄毛を予防するためには生活習慣をどのように改善していけばよいか、ご紹介いたします。

ストレスはため込ない

結論としては、適度な運動や正しい生活習慣がストレスをため込まず発散できるので大切です。

ストレスをため込むことは薄毛悪化の原因になります。

先ほどの円形脱毛症を始め、ストレスをため込むことは、血行不良を引き起こしやすいです。

血行不良は頭皮にも悪影響を及ぼします。

また、ストレスが溜まってくると自律神経が乱れてきます。

自律神経のバランスが乱れると、血液循環が悪くなったり精神的な不安を覚えたりします。

髪の毛は成長に必要な栄養分を血管を通じて受け取っています。

そのため、血液の流れが悪くなると、頭皮や髪の毛に栄養が届きにくくなります。

栄養が届かなければ十分に成長できず、ヒョロヒョロの抜けやすい毛が増えてしまいます。

ストレスはハゲや薄毛に悪影響がありますので、ため込まずに定期的に発散していきましょう。

もちろん、頭皮だけでなく心身に様々な悪影響を及ぼすストレスは人間にとって大敵ですので、発散は必須です。

頭皮マッサージの習慣化

これは賛否両論ありますが、頭皮マッサージは薄毛予防・改善に効果的だと思っています。

何故なら頭皮には筋肉がないため、血液が停滞しやすいという特徴があるからです。

頭皮マッサージを行なうことで頭皮の血行が促進され髪の毛に栄養が届きやすくなります。

特に、洗髪時は頭皮マッサージを習慣化しましょう。

リラックス効果も期待でき、ストレス発散にもつながります。

20代からの育毛剤を使用した薄毛予防

20代で育毛剤を使うのは早い?と思う方もいるかもしれません。

しかし、薄毛対策方法として多くの男性が育毛剤を使用した薄毛対策を実践しています。

なぜ多くの男性が育毛剤を使っているかというと、実は育毛剤には育毛ケアに最適な成分が多数配合されているからです。

育毛剤に含まれている主な成分

  • AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する成分
  • 血行を促進する成分
  • フケやかゆみ予防に効果的な成分
  • 頭皮環境を整える効果を発揮してくれる成分

など。

ただし、商品によってどの効果に力を入れているのかは異なります。

しかし、育毛剤を使用することで、薄毛予防・改善に高い効果を期待することができます。

とはいっても、育毛剤の使用を考えている方の中には、自分が育毛剤を使うのは年齢的に早すぎるのではないかを思っている人も多いと思います。

育毛剤と聞くと40代~50代くらいの男性が使用しているようなイメージを持つ人が多いでしょう。

しかし、実際には多くは20代後半から30代前半の男性です。

現在、若い内から育毛剤を使うことが主流になってきています。

むしろ、20代から育毛剤で薄毛対策しておかないと、30代40代になったときには手遅れで、ハゲや薄毛に悩まされる可能性が高くなってしまうでしょう。

※商品AFリンク

なぜなら主なハゲや薄毛の原因であるAGAは、放置しておくと悪化していくという特徴があるからです。

少しでも抜け毛や薄毛が気になり始めたなら、対策をしていくことが大切です。

育毛剤を使う年齢は気にせずに、気になったらすぐに対策を始めるようにしましょう。

育毛剤に副作用はない?

育毛剤や発毛剤を使うことを考えると、心配になるのが副作用。

しかし、最近の育毛剤は天然成分配合のものがほとんどで、副作用の心配は必要ありません。

よほど怪しい広告の育毛剤は避けた方が良いかもしれませんが、一般的に出回っている育毛剤なら安心です。

副作用を心配する必要はほとんどありません。

どうしても心配な方は、医薬部外品に分類される育毛剤を選ぶことをおススメします。

20代ハゲ・薄毛予防・対策!若禿予防についてのまとめ

今回は20代のハゲや薄毛の原因、予防・対策方法をご紹介しました。

対策のポイントは、気になった時にすぐ始めることです。

若いしまだ大丈夫かなぁ。なんて放っておくと、どんどん悪化していく恐れもありますよ。

今日からできる対策方法をご紹介したので、気になった方はすぐに実践してみてください。

※育毛剤ランキングページへリンク